中高年でレーシックをしたい!

 

中高年 レーシック

目の使いすぎで近視になって早数十年…中高年におすすめのレーシッククリニックがあるのなら知りたい!ここ数十年、眼鏡やコンタクトの購入や手入れが本当に面倒くさいし、できれば裸眼で遠くまでしっかり見渡せる視力を取り戻したいから。

 

そうですよね!視力が悪いと眼鏡やコンタクトレンズ代も馬鹿になりませんし、何よりコンタクトは手入れが面倒くさい。さらに中高年になると「眼鏡どこいった?」と大捜索して焦ることもあります。そういう煩わしいことから解放されたいと思いませんか。

 

そんなあなたの希望に叶う、おすすめのレーシック施設を厳選してご紹介しましょう。
安全性ばつぐんでおまけに老眼の悩みも改善できる中高年におすすめのレーシッククリニックです。現在、レーシックを受けたいと思っているあなたには大変役立つ情報となるでしょう。

 

中高年におすすめ!安全性の高い人気のレーシッククリニック3選

 

中高年が行くにふさわしい、とっておきのクリニックを厳選して3つご紹介します。レーシッククリニックを受けたいけれど、どこに行くかで迷っている中高年の方はこちらのランキングをご参考にしてください。

 

神戸神奈川アイクリニック
神戸神奈川アイクリニック

老眼レーシックに力を入れているのが「神戸神奈川アイクリニック」です。

 

中高年におすすめのモノビジョンレーシック導入

神戸神奈川アイクリニックでは噂の老眼レーシック「モノビジョンレーシック」を導入しています。モノビジョンレーシックとは片方の目で遠くを見、もう片方の目で近くを見えるようにする老眼対応のレーシックで、近視・遠視・乱視を矯正してくれます。

 

ひとりひとりの角膜にあったオーダーメイドの矯正をしてくれるので、自分にあった質の高い見え方ができるようになります。術後は近視を回復してくれつつ、老眼が始まった方でも老眼鏡いらずの生活を送ることができて、二つの効果を得られるので、おすすめです。

 

【料金】
・モノビジョンレーシック・プレミアムアイデザインレーシック両目40万円
・モノビジョンレーシック・プレミアムアイレーシック両目37万円

 

国内NO1の実績あり

実は神戸神奈川アイクリニックは国内NO1の実績があるクリニックです。驚くことに200万症例以上の実績があり、スタッフの96、5%がレーシック経験者です。経験者であるからこその細やかな気遣いをしてくれ、お客さん目線に立った対応をしてもらうことができます。

 

アフターケアが整っているのも、このようにお客さん目線に立って対応してくれるからなのです。サービスや対応の優れたクリニックを探すのなら、神戸神奈川アイクリニックが一番でしょう。

 

3つのアフターケアで安心第一

神戸神奈川アイクリニックでは3つのアフターケアが無料で受けられます。

  1. 手術で視力が下がったら「再手術・追加矯正が無料サービス」
  2. 手術の不安解消に「手術後の検診&相談が無料サービス」
  3. 合併症を万一起こしたら「合併症治療対応が無料サービス」

この3つのアフターケアがあるからこそ、安心しきって、レーシック手術を受けることができるでしょう。このような万全のアフターケア保証があるので、視力が下がったり、合併症を起こしたときも安心ですし、もし相談があれば不安解消に無料で相談に行けます。手術後の検診まで無料なんて、すごく充実したアフターケアでしょう。

 

 

>>神戸神奈川アイクリニックの公式サイトはコチラ

 

 

品川近視クリニック
品川近視クリニック

 

「品川近視クリニック」もなかなかかに老眼治療やレーシックに力を入れています。

 

中高年におすすめの老眼治療リーディングアイ導入

品川近視クリニックでは「リーディングアイ」を導入しています。リーディングアイとはレーシックと併用して利用できる老眼治療法で、近くのものが見やすくなるのです。老眼治療の中でも非常に見え方がクリアで質が高いです。こうしてこの治療法をレーシックと一緒に行うことで、老眼の悩みも一緒に改善してくれるでしょう。

 

【料金】

リーディングアイ【片目】27.6万円

老眼治療のみ

 

リーディングアイ・プラス【両目】34.3万円(サポート会員入会で29.7万円)

レーシック+老眼治療

 

アマリス750

リーディングアイ・プラス【両目】43.6万円(サポート会員入会で39.9万円)
最新7次元レーシック+老眼治療

 

レーシック後リーディングアイ【片目】27.6万円(他院でレーシック46.3万円)

レーシック後の老眼治療

 

13000人以上がリーディングアイを利用

リーディングアイとは世界でNO1の症例数実績を誇る老眼治療法です。このリーディングアイを受けた方は品川近視クリニックだけで13000人以上に上ります。リーディングアイの実績ならどこにも負けないくらい多いので、世界で認められた老眼治療法リーディングアイに興味がある中高年の方にとってもおすすめできます。

 

 

>>品川近視クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

 

新宿近視クリニック
新宿近視クリニック

老眼治療にいい施術をしているクリニックといえば、「新宿近視クリニック」も外せないですね!

 

老眼治療Vue+(ビュープラス)導入

新宿近視クリニックでは効き目とは逆に透明なレンズを角膜に挿入して、近くや中間を見やすくする老眼治療Vue+が受けられます。こちらもレーシックと併用して同時に受けることができます。
この手術をすることで、視界が明るくなったり、近くのものがはっきり見えるようになるのです。こちらは遠視や近視の人ではなく、老眼の人専用の施術になります。

 

【料金】
老眼治療Vue+(ビュープラス)【片目】27万円

 

近視治療10万件以上の実績あり!

新宿近視クリニックはなんと10万件以上の近視治療実績があり、信頼がおけます。衛生管理やアフターケアに優れており、ひとりひとりに合わせた治療により満足度が95%と高いからです。この満足度から口コミ人気が上がり、ここまでの実績に繋がっているのです。安定感のあるクリニックで、老眼治療をしたかったらこちらを選びましょう。

 

 

>>新宿近視クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

 

レーシック手術をすると老眼になるって本当!?

 

中高年 レーシック

「レーシック手術をすると老眼になる」という噂をあなたは聞いたことがありますか?実際そのことが不安で、手術を受け兼ねている人もいるのではないでしょうか。

 

中高年にとって老眼は差し迫った問題であり、レーシックを受ける代わりに老眼が進行してしまうなんて、受け入れがたいですよね。そうなるくらいならレーシックを受けたくないという方も当然いるでしょう。

 

そしてこの噂ですが、実は「事実」なのです!実際にレーシックをしたせいで老眼が酷くなり、結局眼鏡が必要になったと嘆き後悔している方も複数存在しますからね。20代・30代のレーシックはとても評判がいいのですが、40代50代の中高年の方がレーシックを行う場合、後悔の声がちらほらあるのです。

 

レーシック手術とは角膜を削り、遠くを見えるようにする近視回復のための手術です。そして老眼とは遠くは見えるが、近くのピントが合わなくなる症状です。レーシック手術をすると遠くは見えるようになるのですが、逆に近くが見えづらくなって、老眼の進行を早めてしまうリスクがあります。

 

中高年にとって、この問題はとても大きいでしょう。しかし、ここでレーシックを諦めてしまうのはまだ早いです!実は中高年のためのレーシック手術が存在するで、こちらに挑戦してみてください。

 

中高年のレーシックの問題をカバーしてくれる手術がある!

 

高齢者世代が増えてきた昨今、注目され始めたのが新しいレーシック“老眼矯正レーシック”です。こちらは中高年の「老眼を進行させる恐れあり」というレーシックの問題をカバーしてくれる新しいタイプの手術になります。

 

老眼矯正レーシックには…

  • モノビジョンレーシック
  • リーディングアイ
  • 老眼治療ビュープラス
  • スープラコアモード

 

という種類があります。

 

モノビジョンレーシック

片方の目を遠くのピントに合わせ、もう片方の目を近くのピントに合わせる老眼レーシックです。遠くも近くも見えるようになりますが、慣れまでに少々時間がかかるかもしれません。

 

リーディングアイ

別名レーシックカムラとも呼ばれており、通常のレーシックをするのに加えて、片目にカラムインレーという黒いミニリングを装着し、ピンポール効果の作用で近くのものも見えるようにしてくれる老眼治療法です。
世界47カ国で数万例の実績。日本でも1万例の実績があり、近くも遠くも鮮明に見えるようになります。

 

老眼治療Vue+(ビュープラス)

効き目と反対の角膜に透明のレンズを挿入し、近距離&中距離に焦点を当てます。モノビジョンレーシックの応用版で、片方の目で近くをもう片方の目で遠くを見る老眼治療法です。慣れるまでの違和感は当然あるでしょう。

 

スープラコアモード

老眼レーシックの中でも最新のレーシックで、角膜を「遠くも近くも見える遠近コンタクトレンズ」のような形に変える老眼レーシックです。両目同じ見え方をするので、手術後近くも遠くも良く見えて、違和感やストレスがありません。

 

中高年がレーシックを行う場合は、こちらの中高年にぴったりの老眼レーシックを行うといいですよ。そうすれば老眼を進行させる問題をカバーしてくれます。近視で遠くが見えないことで悩んでいる中高年も、老眼で近くが見えにくいことに悩んでいる中高年も、老眼レーシックをすれば間違いないでしょう。

 

中高年がレーシックを行う場合は、どうしても老眼を進行させるリスクが拭えないのです。そのリスクをカバーするためにも、老眼矯正レーシックを利用して、後悔のないレーシック手術を行ってくださいね。

 

まとめ

 

中高年 レーシック

中高年の方にとって、老眼というのは煩わしく、とても大きな問題でしょう。レーシックのせいで老眼を進行させるなんてまっぴらごめんです。

 

ご紹介した3つのクリニックなら、老眼を進行させることなく、それどころか老眼を回復させる専用のレーシックが受けられます。どのクリニックでもこのようなレーシックが受けられるわけではありませんので、どうせレーシックを受けるならこのような老眼レーシックに特化したクリニックをお選びください。

 

私がご紹介した3つのクリニックに通えば何の不自由もなく、近視や老眼をW治療することができるでしょう。中高年のあなたにぴったりのレーシックを受けたいなら、これほどおすすめの施設はありません♪

 

あなたが眼鏡やコンタクトを卒業して裸眼で生活するため、また煩わしい老眼を治療するために、ご紹介したクリニックをぜひ使ってみてください。